診療科・診療支援部門

臨床研修について

日本産科婦人科学会データベース登録事業(周産期登録・婦人科腫瘍登録)

1.情報の利用目的及び利用方法(他の機関へ提供される場合はその方法を含む。)

本邦における産婦人科領域の診療の現状(妊娠、分娩、不妊、悪性腫瘍など)を把握することで、さまざまな課題を抽出し、より良い産婦人科医療に反映することを目的として、日本産科婦人科学会ではデータベース登録事業を行っています。診療記録から抽出された情報を匿名化し、誰の情報かわからないようにしたうえで、WEBまたは郵送にて日本産科婦人科学会に提供しています。日本産科婦人科学会でデータの統計解析を行い、その結果を日本産科婦人科学会雑誌や日本産科婦人科学会ホームページに掲載しています。また、研究代表者を日本産科婦人科学会会員が務めており、かつ日本産科婦人科学会が審査を行い承認された臨床研究に対しては、データが提供(二次利用)されることもあります。

2.利用し、又は提供する情報の項目

①各領域共通
患者の年齢

②周産期領域(妊娠・分娩関連)
入院理由、不妊治療の有無、母体紹介の有無、妊娠・出産回数およびその内訳、喫煙飲酒歴、分娩週数、分娩方法、麻酔法、分娩胎位、誘導・促進の有無および方法、胎児心拍パターン分類、産科合併症、母体処置内容、出産体重、性別、Apgar値、臍帯動脈pH、児体格、児疾患名、胎児付属物所見、産科既往歴、母体基礎疾患、母体感染症、母体使用薬剤、母体転帰、児の転帰

③婦人科悪性腫瘍領域(婦人科癌関連)
疾患名、治療開始日、進行期分類(FIGO分類およびTNM分類)、組織分類、局所進展、所属リンパ節転移、遠隔転移、治療内容と手術術式、予後

3.利用する者の範囲

主に日本産科婦人科学会がデータを利用します。また、日本産科婦人科学会で審査を行い、承認された臨床研究に二次利用されることがあります。その際には、二次利用先の情報は日本産科婦人科学会のホームページ(http://www.jsog.or.jp/index.htm)に掲載されますので、そちらをご参照ください。

4.情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称

日本産科婦人科学会 理事長 藤井 知行
事務局
TEL: 03-5524-6900
FAX: 03-5524-6911
E-mail: nissanfu@jsog.or.jp

5.本研究の対象になると思われる方、またはその代理人の方が「この研究課題に対して利用・提供して欲しくない」と思われた場合は、研究対象者が識別されるような診療情報の提供を停止することができます。その場合は、下記へお問い合わせください。

連絡先
〒 737-0193
広島県呉市広多賀谷1-5-1 中国労災病院産婦人科
藤原久也
TEL: 0823-72-7171
FAX: 0823-74-0371

子宮収縮抑制剤調査_オプトアウト

大腿骨近位部骨折症例における術前の栄養状態と術後の歩行可否の関係

栄養は、手術後の体力の回復、筋力の獲得に不可欠です。しかし、大腿骨近位部骨折をきたした患者様のうち、8割を超える方が低栄養、または低栄養のリスクがあるとの報告があり、高齢者の低栄養状態が問題視されています。そこで、中央リハビリテーション部では手術前の患者様の栄養状態を聴取し、手術後2週時点での歩行状態との関連を明らかにするための研究を行っております。
研究は患者様の同意のもと行います。また、同意撤回書をお配りし、1度同意した場合でも、いつでも同意を撤回し患者様に不利益なく研究参加を取り消すことができます。
本研究について、ご質問やご不明な点があれば下記までご連絡ください。

【お問い合わせ先】
〒737-0193
広島県呉市広多賀谷1-5-1
独立行政法人 労働者健康安全機構 中国労災病院
中央リハビリテーション部 理学療法士 大園健太
Tel:0823-72-7171
Fax:0823-74-0371

感染対策チームをサポートし安心で確実な院内感染対策を保証する統合的感染制御システムの構築とさらなる発展
-電子カルテ情報を有効活用した院内感染の俯瞰と早期発見・迅速対応を目指して-

病院は、病気を治すために投薬する、手術をする、大切な家族を病院へ預ける、ところです。しかし病院の環境には様々な病原微生物が存在しますので、私たちは新たな感染症の併発が治療に影響を及ぼすことのないよう努力する義務があります。

当院では感染対策チーム(ICT)を設け、日夜、院内感染対策のための活動を続けております。この活動には全ての患者さんの感染症情報をチェックする必要がありますが、ひとりひとりのカルテを開けていったのでは、効率が悪いばかりでなく重要な感染症情報を取り漏らしてしまう恐れがあります。

そこで私たちは電子カルテに保存された診療情報を利用して様々な統計情報、サーベイランス、各種報告書などに情報を再統合する、感染情報の二次利用に関する研究を計画致しました。具体的にはインフルエンザ等の発生状況、術後感染症の把握、抗菌薬の使用状況、などの情報を統括するシステムを開発します。こうしたデータ活用は効率的かつ迅速な院内感染情報の把握をもたらし、安心、安全な診療の提供に役立ちます。

本研究で使用する診療情報は、感染対策チームの日常業務に活用するとともに、研究成果を学会や学術雑誌に発表する際には、患者さんを特定できる情報は一切使用しないようにいたします(連結不可匿名化)。

本研究について、ご質問やご意見などがございましたら、下記までご連絡ください。

代表:小西央郎
所属:感染対策室長、感染対策委員会委員長、小児科部長
連絡先:0823-72-7171

心電図モニター送信機装着が循環器疾患をもつ患者の生活リズムに及ぼす影響

循環器疾患において心電図モニターを装着し、心電図をモニタリングする事は重症不整脈の発生を早期に発見するために治療上重要です。しかし、非日常的な心電図モニター装着は、患者様にとって身体的、心理的にも負担であるという報告があります。その中でも、睡眠に与える影響は少なからずあると思われます。そこで、私たちは心電図モニターを装着されている患者様から睡眠状況を聴取し、睡眠に及ぼす影響について明らかにするとともに苦痛を最小限とした療養環境を提供していきたいと考え研究を計画致しました。

本研究について、ご質問やご意見がございましたら下記までご連絡ください。

〒737-0193
広島県呉市広多賀谷1-5-1
独立行政法人労働者安全機構 中国労災病院
看護部(7階東病棟) 看護師 吉村珠美
TEL:0823-72-7171

アセトアミノフェンによる薬剤性肝障害発生機序に関する研究

アセトアミノフェンは、古くからある解熱鎮痛剤で、現在でも最も多く使用される薬の一つです。他の解熱鎮痛剤に比べ比較的安全であるといわれていますが、副作用の一つとして肝臓の機能が低下すること(肝機能障害)が挙げられます。しかしこの薬がどういった作用で肝機能障害になるのか詳しくはわかっていませんが、血液中にある幾つかの物質(NAPQI,オフタルミン酸)がその作用機序を証明するために重要な役割を果たしている可能性が報告されています。この作用機序が分かればアセトアミノフェンを投与する際に副作用が起こりやすいかどうかを判断する助けになるのではないかと考えられます。そこで、当院の薬剤部ではアセトアミノフェンを投与されている患者さんの、血液中のNAPQI,オフタルミン酸の濃度を測定させていただき、副作用の機序を明らかにすることで、今後より安全にお薬が投与できるようにしていきたいと考えています。

血液内の濃度は、通常の診療を行う上で必要な採血をした際の血液を少しだけ分けていただき測定します。その結果と、電子カルテに保存されている患者さんの診療情報とを照らし合わせて副作用との関連を明らかにしていきます。

研究については患者さんの同意のもと実施し、一度同意した場合でもいつでも同意を撤回し研究参加を取り消すことができます。

本研究について得られた情報や結果は、学会や論文等で発表させていただくことがあります。その際、患者さん個人が特定できるような情報の開示は一切致しません。

本研究について、ご質問やご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

〒737-0134
広島県呉市広多賀谷1-5-1
独立行政法人労働者健康安全機構 中国労災病院
薬剤部 松田 翔平
TEL:0823-72-7171
FAX:0823-74-0371

リネゾリド(ザイボックス®注)の腎機能に応じた投与量設計と血中濃度測定による有効性と安全性の研究

リネゾリド(ザイボックス®注)は、MRSA(メチシリン感受性黄色ブドウ球菌)に対する治療薬です。これまでこのお薬は全ての患者さんに同じ量で投与することが添付文書や感染症のガイドラインで推奨されてきました。しかしリネゾリドは腎臓からも排泄される薬であり、最近の研究では腎臓の機能が低下している患者さんでは副作用が出やすい傾向があることが報告されています。また患者さんの腎臓の機能によって、投与する量を変えることで、副作用が少なくなる可能性があることが分かってきました。そこで、この薬の投与をはじめる患者さんの腎臓の機能に基づいて投与する量を決定し、血液中の薬の濃度を測定することによってより有効かつ安全な投与ができるようにしたいと考えています。

血液中の濃度は、通常の診療を行う上で必要な採血をした際の血液を少しだけ分けていただき測定します。その結果と、電子カルテに保存されている患者さんの診療情報とを照らし合わせていき、患者さん一人一人に最適な投与量を決定するための方法について検討していきます。

研究については患者さんの同意のもと実施し、一度同意した場合でもいつでも同意を撤回し研究参加を取り消すことができます。

本研究について得られた情報や結果は、学会や論文等で発表させていただくことがあります。その際、患者さん個人が特定できるような情報の開示は一切致しません。
本研究について、ご質問やご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

〒737-0134
広島県呉市広多賀谷1-5-1
独立行政法人労働者健康安全機構 中国労災病院
薬剤部 松田 翔平
TEL:0823-72-7171
FAX:0823-74-0371

抗菌薬TDMガイドライン2016のeGFRに応じたバンコマイシン初期投与設計の検証

抗MRSA薬であるバンコマイシンは耐性化の予防や治療効果の上昇、及び副作用を防ぐため目標とする血液中の薬物濃度が決められています。当院薬剤部ではバンコマイシン開始時,医師に前田ノモグラムを使用し投与方法を提案していましたがより良い投与設計を目指し、2016年4月から抗菌薬TDMガイドライン2016で提示されている投与方法に変更しました。しかしこの方法は臨床的検証が必要とされています。そのため従来の投与方法と新たな投与方法それぞれに準じて投与した症例を耐性化の予防及び治療効果,副作用等の観点から比較検討する研究を行っています。

本研究で使用する診療情報は、薬剤部の日常業務に活用するとともに、研究成果を学会や学術雑誌に発表する際には、患者さんを特定できる情報は一切使用しないようにいたします。

本研究について、ご質問やご意見などがございましたら、下記までご連絡ください。

連絡先
〒737-0193
広島県呉市広多賀谷1-5-1 中国労災病院 薬剤部
木村 竜司
TEL:0823-72-7171
FAX:0823-72-7192

関連施設共用大腸癌データーベースの構築についての説明文書
患者さんへ

1.はじめに

医学の進歩は、臨床的研究の積み重ねの上に成り立っています。大腸癌の研究においては、今まで、関連病院各施設が独自に臨床データーを蓄積する上で、研究をすすめてきました。しかしながら、単独施設のみでは症例の解析には限界を認めます。そこで、広島県の関連病院各施設のデーターを共用することによって、大きいデーターを解析できるようになり、より臨床に反映することが期待できます。

その解析の結果、将来の新しい治療や検査、治療方法に応用し、患者さんの治療に役立てていきたいと考えています。また、この調査の結果、新たな発見があった場合には、新たに臨床試験を行う予定です。

2.お願いすること

一般診療で行われたデーターを保存させていただくので、新たにお願いすることはありません。

3.研究で行うこと

大腸癌と診断された患者さん全てが対象です。一般診療によって得られたデーターを共用化し保存させて頂きます。関連病院施設とは、広島大学病院、広島県立病院、広島市民病院、広島安佐市民病院、広島記念病院、広島JA総合病院、尾道総合病院、中国労災病院、JR広島病院、東広島医療センター、西広島医療センター、中電病院、吉田総合病院、呉医師会病院の計14施設です。研究対象者の選定期間は、承認後から平成38年3月31日までを予定しています。

4.個人情報の収集

この研究では以下の診療情報を収集します。

  1. 大腸癌の罹患、治療歴、病理組織学検査結果、術後経過(合併症、飲食開始時期、排便時期)
  2. 年齢、性別、身長、体重、血液型、家族歴、生活歴(喫煙、飲酒の有無等)、内服歴、既往歴、採血(血算、CRP、肝機能、腎機能、電解質、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9))、尿検査、CT、PET-CT、MRI、X線、内視鏡検査などの画像診断結果、肛門内圧検査結果、心電図、肺機能検査、再発、生存の有無

5.データーベースの管理と保護

データーベースは匿名化したデーターをデーターベースに登録し、個人情報が保護できるように厳重に管理されており、見ることができるのは、医療関係者および研究者のみです。また、プライバシー保護のため、あなたから提供して頂いたデーターは、匿名化された形で研究に使用させて頂きます。

6.研究成果の公開

未来の患者さん、あるいは医学の発展にとって大変役に立つと考えられる研究成果は、個人の特定がされない形で、学会、論文等で公表していきたいと思います。しかし、個人に解析結果を告知することはありません。

7.研究から生じる知的財産権について

研究の結果に基づいて、特許等の知的財産権が生じる可能性があります。この知的財産権は、提供されたデーターやそこにふくまれている情報そのものに対してではなく、研究者達が研究やその成果の応用を行うことによって初めて生まれてきた価値に対するものです。ですから、「治療経過のデーターを提供したから、その情報に関わる知的財産権を当然もつはずだ」と、あなたが主張することはできません。また、その知的財産権により経済的利益が生じても、同じ理由によりあなたはその権利を主張できません。

8.謝礼について

この臨床データーを保存、解析させて頂くことに対して、謝礼を支払うことはありません。

9.情報の保存、解析にかかる費用について

本研究を行うにあたり、費用の請求は致しません。また、診療や検査は、通常の治療と同じように保険診療にて行われます。情報の保存期間は、研究終了後5年間保管させて頂きます。

10.拒否の自由

本研究における関連施設共用大腸癌データーベースの構築への参加については、あなたの自由意思に基づくもので、強制ではありませんので、拒否して頂いても構いません。本研究に参加を希望されない場合は申し出ください。このことにより、あなたは何ら医療上の不利益を受けることはありません。

お問い合わせ
〒734-8551
広島市南区霞1-2-3
広島大学病院消化器・移植外科(第二外科)
教授 大段 秀樹
連絡先:082-257-5222

労働者健康安全機構 中国労災病院 を受診された患者様へ

当院では下記の疫学研究を実施しております。本研究の対象者に該当する可能性のある方で、研究への協力を希望される場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

研究課題名 本邦のリンチ症候群に対するユニバーサル・スクリーニング法の有用性に関する疫学調査
研究担当者(所属) 平田 雄三 (外科)
他の研究機関および各施設の研究責任者 該当なし
本研究の目的 免疫組織学染色法を用いたリンチ症候群のスクリーニングである、ユニバーサル・スクリーニング法を実施し、その有用性を検討する
調査データ該当期間 2015年4月1日から2019年3月31日まで
研究の方法 上記期間内に当院で大腸がん手術をうけられた方、またはされる方を対象に、電子カルテに記載のある診療情報より、年齢、性別、手術時年齢、既往歴、家族歴、病理組織所見ならびに大腸癌病期分類、術前腫瘍マーカーを調査します。同時に、すでに切除した、あるいはこれから切除を行う大腸癌を用いた免疫組織学染色により、MLH1、MSH2、PMS2、MSH6という4つのタンパク質の発現の有無を調査し、リンチ症候群の疑いのある患者様の拾い上げを行います。一方で、がんの既往歴や家族歴からリンチ症候群が疑われる場合は保険診療内でMSI検査も併せて行います。
資料/情報の他機関への提供 該当なし
個人情報の取り扱い 利用する情報から氏名や住所等の患者様を直接特定できる個人情報は削除いたします。また、研究成果は学会等で発表を予定していますが患者様を特定できる個人情報は利用しません。
本研究の資金源 (利益相反) 本研究に関連し開示すべき利益相反関係にある企業等はありません。
お問い合わせ先 電話:0823-72-7171、Fax: 0823-72-0371
住所:広島市呉市広多賀谷1-5-1
所属:中国労災病院 外科
担当者:平田 雄三(第二外科部長)
備考 本研究の成果は、労働者健康安全機構 中国労災病院に帰属し、随時学会発表や論文発表を行っていきます。

腰椎手術における術前オリエンテーションの効果
-オリジナルパンフレットの導入を試みて-

私たちは、腰の手術を受けられる患者さまの皆さまにお役に立てることを目指し、看護研究に取り組んでいます。
この調査は、手術前に実施させていただく、腰の手術前オリエンテーションがどのようであったかをお尋ねするものです。
調査へのご回答は、無記名にて処理し、個人が特定されないようにいたしますので、皆さまのプライバシーの侵害をするようなことはありません。調査へのご協力は個人の自由意思により行われるものです。強要あるいは強制されるものではありません。ご回答をされない場合でも、不利益を被ることはありません。また、一度調査へ同意された場合でも、いつでも撤回することができます。
この調査について、ご質問がございましたら、下記までお問合せください。

【研究に関する問い合わせ先】
〒737-0193 呉市広多賀谷1-5-1
独立行政法人 労働者健康安全機構 中国労災病院 5階東病棟
℡:0823-72-7171  (内線530)
看護師:新本 萌 友廣 郁心

BCG接種後に発症した壊疽性丘疹状結核疹の2例

BCGは予防接種法により実施される定期接種の一つです。皮膚結核は結核菌の局所増殖による真性結核と、Ⅳ型アレルギーによる結核疹に分類されます。BCG接種後の結核疹は比較的まれな合併症です。接種の低年齢化(乳児接種)に伴い発生頻度は増加しつつあるとされますが、いまだに小児科医自身の経験も豊富ではありません。今回、BCG接種後に発症した壊疽性丘疹状結核疹を2例経験しました。この症例を広く小児科医に啓蒙することは重要と考えたため、小児科学会雑誌に論文投稿することに致しました。

論文投稿にあたって、使用する診療情報は患者さんのプライバシーに配慮して個人を特定できる情報を使用しないように致します(症例ナンバリング)。

本投稿についてご質問やご意見などがございましたら下記までご連絡ください。

代表:小西央郎
所属:小児科
連絡先:0823-72-7171

サイトマップ

ページ上部へ