採用情報

教育研修・キャリアアップ支援等

教育研修

中国労災病院の看護部は、急性期やQOLの向上に対応できる、
実践能力の高い看護を目指しています。

教育理念
質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成するために、専門職業人として、成長発達を支援する教育的臨床環境を提供する。

教育体系

卒業後の継続教育については、クリニカルラダーにより個人のキャリア開発を重視し多様な研修プログラムを計画しています。

新人看護教育の詳細
4月
新採用者オリエンテーション
労災病院職員としての自覚を持つ
看護師の一員としての自覚を持つ
・勤務体制
・職場のルール
・他職種、先輩看護師からの期待
・正しい情報伝達方法
継続教育
・教育理念、目標
・継続教育の枠組み
・キャリア開発プログラム
・院内の教育研修コース
・新人看護師支援体制
・新人看護職員研修
看護倫理
・倫理とは
・倫理と道徳
・看護者の倫理綱領
・実践現場におけるジレンマ事例
・看護倫理カンファレンスについて
感染防止対策について
標準予防策(スタンダード・プリコーション)
・手指衛生について
・個人防護用具(PPE)について
 手袋、エプロン、マスク、アイシールドの正しい着用方法
・感染性廃棄物の取り扱い
・環境整備
看護技術基礎研修
シーツ・寝衣・オムツ交換
検体採取
・動脈血採血と静脈血採血の違い
・検体採取容器について
・簡易式自己血糖測定について
・尿検査について
片麻痺の移動
・介助法の基礎と実際
褥瘡対策
当院の褥瘡発生状況
褥瘡対策について
褥瘡対策におけるポジショニング
ブレーデンスケールについて
フィジカルアセスメント
看護記録
看護必要度
医療安全Ⅰ
医療安全の基本
~リスク感性を高めよう~
・情報伝達ゲーム
・机上でのKYT実践について
5月
薬剤の基礎知識Ⅰ
薬剤の種類について
処方箋・薬袋の見方について
薬剤(内服薬・外用薬・坐薬)の基本的知識
静脈注射・点滴静脈注射・抗生物質の基本的知識
 ・投与速度に注意する薬剤
 ・溶解液に注意する薬剤
 ・配合変化について
インスリン製剤の基本的知識
看護技術基礎研修
経管栄養について(経管栄養手順・ポイント)
リフレッシュ研修Ⅰ・・・院外研修
ゲームを通して新人看護師同士の交流を図る
救急蘇生研修
BLS:急変時の対応について、救急カート内の薬品・物品について
6月
ME機器研修
輸液ポンプ・シリンジポンプの正しい使い方
その他ME機器
7月
リフレッシュ研修Ⅱ
ストレスに強くなろう
9月
ME機器研修
モニター心電図
・心電図(12誘導)の装着、管理について
10月
薬剤の基礎知識Ⅱ
取り扱いに注意を要する薬剤について
~麻薬・毒薬・劇薬~
11月
医療安全Ⅱ
経験事例を通して学ぶ医療安全
・事例分析
・多重課題切迫シミュレーション
ME機器研修
心電図12誘導の装着方法を学ぶ
12月
リフレッシュ研修Ⅲ
ゲーム
翌年
3月
終了式
1年間を振り返り2年目の課題を明確にする

卒業後の継続教育

当院の継続教育はクリニカルラダーのプログラムを活用しています。レベルは、レベ ルⅠ(新人)、 レベルⅡ、レベルⅢ、レベルⅣの4コースです。

【新人教育について】

新人看護師は「指導を受けながら看護実践ができる」を目標とし、実践に合わせたテーマで勤務時間内に集合教育を実施しています。また新人一人ひとりに実地指導者がつき、年間計画に沿って診療科の特性を活かした看護技術研修をきめ細かく行っています。オンデマンド研修や研修センターでシミュレーターを用いた研修や個人練習もできます。「研修は楽しく学び、よく復習!」をモットーに不安を自信に変え、いつでもどこでも学習できる環境を整備しています。

平成28年度 新人研修計画

看護部院内留学制度について

院内留学とは、病院内で所属部署以外の部署へ留学という形で学びにいく研修です。経験年数を問わず看護師が自分で目標を立て、所属部署では経験できない看護技術を学びます。

目的

①所属部署では習得困難な看護技術を経験し、知識を深める。
②実践場面を見学・経験することで、看護の視野を広げスキルアップに役立てる。

研修センターについて

シミュレーターや視聴覚教材を自由に使用して、自信のない技術のトレーニングや自己学習により、専門職として向上することができます。
「研修で教わったけど大丈夫かな…」「もう一度練習したいな」などの思いがあるときに研修室で演習できます。演習するたびに少しずつ自信がついていきますよ。

看護教育プログラム

レベル レベルⅠ レベルⅡ レベルⅢ レベルⅣ
対象
(目安)
新採用で該当する者 新人レベルⅠ修了者・所属部署の看護師長が推薦する者 レベルⅡ修了者 レベルⅢ修了者
役割     実地指導者、教育担当者、
臨地実習指導者
教育担当者、臨地実習指導者
目標 指導をうけながら看護実践ができる 担当看護師として自立できる。受け持ち看護師として責任が果たせる リーダーの役割が果せる 役割モデルが果せる


新採用者
オリエンテーション
看護実践
フォローアップ(1)
看護実践
フォローアップ(2)
エキスパート研修
新人研修
実地指導者
 
 
新人研修
リーダーシップ
 
中堅看護師
 
 
臨地実習指導者研修
臨地実習指導者研修
看護研究
共通研修
トピックス研修
専門コース





広島県看護協会研修 広島県看護協会研修
実地指導者研修
日看協研修(清瀬・神戸研修センター)
広島県看護協会研修
教育担当者
日看協研修(清瀬・神戸研修センター)
広島県看護協会研修
日看協研修(清瀬・神戸研修センター)

    看護倫理研修・新人看護職教育担当者研修
中四国ブロック:中堅看護師研修
看護倫理研修・新人看護職実地指導者研修
認定看護師研修・継続教育
本部の
段階
上司または、上位者の指示・指導に基づきながら業務を推進し、機構の職風として必要な業務や知識の習熟に努める段階 基本的な業務についてほぼ独力で推進し、応用判断的業務に関しては、上司・上位者の指導を受けて推進する段階 担当分野の業務において一定の知識と技術を有し、一通りの業務を独力で推進する。下位者に対して基本的な実務指導を行う段階 担当分野の業務に精通し、例外的な事項も含めて効果的な業務の推進を行う。下位者に対して基本的な実務業務を行う段階
STEP STEPⅠ STEPⅡ STEPⅢ STEPⅣ

各研修のねらい

研修会名称 ねらい
教育委員会 看護部人材育成のために教育体制を見直し、院内研修を企画運営する



新人看護職員研修 新人看護職員が専門職業人として職場適応できる
実地指導者研修 実地指導者の役割を理解し実践する
教育担当者研修 教育担当者の役割を理解し実践する



看護実践フォローアップ(1) メンバーシップを発揮し、受け持ち看護師としての役割を果たす。ケースレポートをまとめることで個別の看護を振り返る
看護実践フォローアップ(2) 部署で特徴のある個別の看護実践を行うための方策を知り、実行する






リーダーシップ リーダーシップの基礎を学び、日々のリーダーの役割を果たす
エキスパート研修 看護の実践者として役割モデルとなる分野をめざす
臨地実習指導者研修 臨地実習指導者として自律する
就労支援研修 就労支援について理解を深め、臨床で活用する
看護研究 根拠のある看護実践を行うために看護研究の一連の流れを理解し、実践する

共通研修 看護職全員を対象にした知識や技術を共有する
トピックス研修 医療情勢の変化やニーズに応じた知識の共有

クリティカルコース 専門領域で知識・技術を習得し実践に活かす
認定看護師による研修
緩和ケアコース
高齢者看護コース 高齢者の特性を理解し、適切なケアを提供する
管理研修 看護管理者として行動特性を高める


看護補助者研修 安全に看護補助業務を行うために必要な知識・技術・態度の修得
中途採用者研修 中途採用者が安心して職場適応できる
復職者支援研修 復職者が安心して職場適応できる

キャリアアップ・スキルアップ支援

専門領域分野で知識と技術をさらに高めたい方へのバックアップ体制も整っています。

1
助産師資格取得、大学、大学院進学
2
認定・専門看護師
3
施設間の交流制度(機構病院間での転勤)

認定・専門看護師への支援、大学・大学院進学への支援

キャリアアップを目指す看護師のために、進学や研修を支援する制度があります。

当院で活躍中の認定看護師

全国労災病院間の転任・派遣交流制度

全国の労災病院の間で、希望により転任する制度、職員同士が派遣交流する制度があります。

私たちもこの制度を利用しました。

平成25年度助産学専攻科進学
平成25年度助産学専攻科進学

機構病院間での転勤
機構病院間での転勤

交流制度利用
交流制度利用

災害訓練

2年に1回院内で大規模な災害訓練の研修が開催され、3年目以上の看護師はプレイヤーとして参加対象となります。

日勤看護師の1日

6:30【起床】

看護師宿舎に住んでいるため、朝はゆっくりと準備する事ができます。
宿舎は敷地内にあるため、病院までは歩いてすぐなのでとても便利がいいです。

7:30【出勤】

病棟につくとその日の受け持ち患者さんが分かるので、情報収集を丁寧に行い1日のスケジュールを立てます。

8:00【始業】

8:10【朝の申し送り】

全体の申し送りが終わった後、チームリーダーへ1日の動きや患者さんのどこに注意して観察していくか確認します。

9:00【検温】

患者さんの疾患や状態に合わせて、全身状態の観察を行っていきます。

12:00【昼食】

休憩室で同僚と一緒に昼食を摂ります。
病院食堂も利用できるので、気分に合わせてゆっくり過ごせます。

13:00【カンファレンス】

統一した個別性のある看護が継続して行えるように取り組んでいます。
共通認識が必要な患者さんに対して、情報交換や意見交換も行います。

14:00【巡室・検査】

患者さんや患者さんの家族の話を聴いたりしてコミュニケーションを図ります。

15:30【記録】

スタッフ間で情報共有できるように、必要なことを記録していきます。

16:45【業務終了・オフタイム】

仕事が終わると、同僚とおいしいご飯を食べに行き、悩んでいることや楽しかったことなど何でも話します。
次の日が休みだと、お酒を飲んだりして仕事の疲れをリセットさせます。

看護師宿舎

ワンルームタイプの宿舎(有料)を病院敷地内に完備しています。

誠和館(90室)

宿舎費:5,192円/月

第二誠和館(79室)

平成24年3月の竣工です 詳細を見る

宿舎費:9,100円/月

院内保育所

院内保育所「もみじ保育園」を設置しています。
単なる託児所ではなく、リトミックを取り入れるなどしっかりした保育を行っています。

  • 保育対象
    生後6ヶ月を越え3歳に達する日の属する年度末日まで
  • 保育時間
    7:30~19:00まで
    (7:30~17:30までを基本保育時間とし、17:30~19:00までを延長保育時間とします)
  • 保育料金
    登録乳幼児の保育料は月極め21,000円(税込)、2人目15,750円(税込)とします

クラブ活動

中国労災病院では、サッカー・野球部のクラブ活動が行われています。
女子部員、マネージャーも大歓迎です。あなたも仲間に入りませんか。

集まれ!! 男性看護師

中国労災病院 男性看護師23名(2016年3月現在)

院内の男性看護師が集まり、
2回/年 男性看護師会を行っています。

また、2015.2.28に名古屋で行われた第1回全国男性看護師交流会に参加。院外の男性看護師とも交流を持ち、自分らしい男性看護師を模索しながら、日々研鑽しています。

男性看護師の信念として仕事に対し誠実であり、自分に対し素直であり、
揺るぎない信念と都合の良い妥協があれば、きっと仕事は上手くいくハズ

~第一回男性看護師交流会での男性看護師シンポジュウムより抜粋~

お問い合わせ、資料のご請求はこちら

中国労災病院 総務課までご連絡ください。
〒737-0193 広島県呉市広多賀谷1-5-1
TEL 0823-72-7171 内線605、606

サイトマップ

ページ上部へ