医師臨床研修

放射線科

研修プログラム

当院放射線科は、日本医学放射線学会専門医修練機関、日本IVR学会指導医修練機関であり、日本医学放射線学会専門医3名、日本IVR学会指導医1名、日本核医学会専門医1名、マンモグラフィー読影医1名より構成される。

研修到達目標
到達目標
  1. 医師としても、常識を身につけること。
  2. 的確かつ効率の良い診療を行えるようになること。
  3. 全国学会に積極的に参加すること。
  4. 全国学会において演題発表を行い、全国に通用する放射線科医師を目指す。
  5. 専門医の資格を取得する。

当科はIVR、画像診断、放射線治療の3部門よりなる。特にIVRおよび画像診断において活発に診療を行っている。以下、研修目標を部門別に述べる。

◆IVR

  1. IVRの施行に当たり、まず血管系および非血管系における解剖を理解する。
  2. IVRに使用する装置、器具、各種ディバイスなどの原理、使用方法を熟知する。
  3. IVRにおけるアプローチの方法を適宜選択できる。
  4. 各疾患の病態を理解し、それに応じたIVRの方法を選択できる。
  5. 心臓を除く、全領域のIVRを施行できることを目標とする。
  6. IVR入院患者のケアーができる。

◆画像診断

  1. 単純X線写真、CT、超音波、MRI、その他特殊検査の理論を理解する。
  2. 各種画像診断における正常解剖を把握する。
  3. 各種画像診断における異常像を理解し、正確な診断ができること。
  4. 各種画像診断の報告書の作成が出来ること。
  5. 病気の診断のため、的確な画像診断を選択することが出来ること。
  6. 治療法に直結する画像診断が出来ることを目標とする。

◆放射線治療

  1. 現時点では、放射線治療の専門の非常勤医師により行われている。
  2. 放射線物理学、放射線生物学を理解する。
  3. 放射線治療の適応を選択できる。
  4. 放射線照射の治療計画ができる。
  5. 放射線治療患者のケアーができる。

週間スケジュール

各種院内カンファレンス、症例検討会

サイトマップ

ページ上部へ