医師臨床研修

心臓血管外科

研修プログラム

研修到達目標
一般目標 心臓血管外科専門医認定機構による認定基準を満たした有能で信頼される心臓血管外科専門医を育成する。
研修方法
  1. 研修プログラム(総論)
    心臓血管外科専門医認定機構のカリキュラムに準ずる研修を心掛ける。入院患者、
    手術患者の担当、外来患者や急患患者の診察によって以下の事項を習得させる。
    1)
    以下の疾患について理解する。
    ・心臓(虚血性疾患、弁膜症、不整脈)
    ・大血管(動脈瘤)
    ・末梢血管(急性・慢性動脈閉塞、静脈疾患)
    ・外傷に伴う上記諸臓器の機能異常
    2)
    検査・診断手技、手術適応の理解
    ・各種疾患、病態の理解
    ・各種診断法の理解、手技の習得
    3)
    以下の治療法について必要性を判断し、適応を決定できる。
    ・外科的治療
    ・保存的治療
    ・薬物療法
    4)
    手術の助手または術者の経験を積む。
    5)
    各種の術前・術後の管理を習得する。
    6)
    病歴の作成、各種カンファレンスへの参加、症例報告等。
    特に論文作成、学会での発表については積極的に指導致します。
  2. 研修プログラム(年次別)
    1)
    卒後3、4年次:総論の1)~6)を習得するが、特に以下の項目の習得に努める。

    ・各種診断法の理解、手技の習得(胸部X線、心電図、心エコー、肺機能検査、ドップラー血流検査、CT、MRI、DSA、RI検査、心臓カテーテル検査、血管造影検査、血液生化学検査等)

    ・各種術前検査・術後管理に必要な手技の習得(急性期、術後早期呼吸循環管理:IABP管理/薬剤の使用法、輸血管理/カウンターショックの使用法/急性期合併症の予防と処置/亜急性期、回復期の管理/術後リハビリテーション/水分、食事管理/投薬、生活指導/末梢血管穿刺法/胸腔、心嚢穿刺法/Swan-Ganzカテーテルの挿入とデータの判定/心肺蘇生術の習得/人工呼吸、気管内挿管の習熟)

    ・各種手術手技の習得(基本的開胸、閉胸/体外循環の導入と離脱/ペースメーカ植え込み術/動脈血栓摘除術)

    2)
    卒後5、6年次:総論の1)~6)を習得するが、特に以下の項目の習得に努める。
    ・各種手術手技の習得(腹部大動脈瘤手術/末梢血管再建術)
    3)
    卒後7年以降:総論の1)~6)を習得するが、特に以下の項目の習得に努める。
    ・各種手術手技の習得(弁膜症手術/CABG/胸部大動脈瘤術)

サイトマップ

ページ上部へ