医師臨床研修

産婦人科

研修プログラム

【研修期間】
選択必修科目として1~2か月、自由選択科目として1~11ヶ月
【研修場所】
産婦人科外来 産婦人科病棟(4階東病棟) 手術室室
目標
一般目標
  1. 女性特有の疾患にいる救急医療を研修する。
  2. 女性特有のプライマリケアを研修する。
  3. 妊産婦ならびに新生児の医療に必要な基本的知識を研修する。
行動目標

A.経験すべき診察・検査・手技

  1. 基本的産婦人科診察能力
    1)
    患者との間にコミニュケーションを保って問診を行い、総合的かつ全人的にpatient profileをとらえることができるようになる。
    2)
    産婦人科診察法:産婦人科診察に必要な基本的態度・技能を身につける。
    1.視診(一般的視診および膣鏡診)
    2.触診(外診、双合診、内診、妊婦のLeopold触診法など)
    3.直腸診、膣・直腸診
    4.穿刺診(Douglas窩穿刺、腹腔穿刺その他)
    5.新生児の診察(Apgar score、Silverman scoreその他)
  2. 基本的産婦人科臨床検査
    1)
    婦人科内分泌検査
    1.基礎体温表の診断
    2.頚管粘液検査
    3.ホルモン負荷テスト
    4.各種ホルモン検査
    2)
    不妊検査
    1.基礎体温表の診断
    2.卵管疎通性検査
    3.精液検査
    3)
    妊娠診断
    1.免疫的妊娠反応
    2.超音波検査
    4)
    感染症の検査
    1.膣トリコモナス感染症検査
    2.膣カンジダ感染症検査
    5)
    細胞診・病理組織検査
    1.子宮膣部細胞診
    2.子宮内膜細胞診
    3.病理組織生検
    6)
    内視鏡検査
    1.コルポスコピー
    2.腹腔鏡
    3.膀胱鏡
    4.直腸鏡
    5.子宮鏡
    7)
    超音波検査
    1.ドプラー法
    2.断層法(経膣的超音波断層法、経腹的超音波断層法)
    8)
    放射線学的検査
    1.骨盤単純X線検査
    2.骨盤計測(入口面撮影、側面撮影:マルチウス、グースマン法)
    3.子宮卵管造影法
    4.腎盂造影
    5.骨盤X線CT検査
    6.骨盤MRI検査
  3. 基本治療法
    1)
    処方箋の発行:薬剤の選択と薬用量、投与上の安全性
    2)
    注射の施行:皮内、皮下、筋肉、静脈、中心静脈
    3)
    副作用の評価ならびに対応:催奇形性についての知識

B.経験すべき症状・病態・疾患

  1. 頻度の高い症状
    1)
    腹痛
    2)
    腰痛
  2. 緊急を要する症状・病態
    1)
    急性腹症
    2)
    流・早産および正期産/dd>
  3. 経験が求められる疾患・病態(理解しなければならない基本的知識を含む)
    1)
    産科関係
    1.妊娠分娩産褥ならびに新生児の生理の理解
    2.妊娠の検査・診断
    3.正常妊婦の外来管理
    4.正常分娩第1期ならびに第2期の管理
    5.正常頭位分娩における児の娩出前後の管理
    6.正常産褥の管理
    7.正常新生児の管理
    8.腹式帝王切開術の経験
    9.流早産の管理
    10.産科出血に対する応急処置法の理解
    2)
    婦人科関係
    1.骨盤内解剖
    2.視床下部・下垂体・卵巣系の内分泌調節系の理解
    3.婦人科良性腫瘍の診断ならびに治療計画の立案
    4.婦人科良性腫瘍の手術への第2助手としての参加
    5.婦人科悪性腫瘍の早期診断法の理解(見学)
    6.婦人科悪性腫瘍の手術への参加の経験
    7.婦人科悪性腫瘍の集学的治療の理解(見学)
    8.不妊症・内分泌疾患患者の外来における検査と治療計画の立案
    9.婦人科性器感染症の検査・診断・治療計画の立案
    3)
    その他
    1.産婦人科診療に関わる倫理的問題の理解
    2.母体保護法関連法規の理解
    3.家族計画の理解

C.産婦人科研修項目(経験すべき症状・病態・疾患)

  1. 産科関係
    1)
    妊娠の検査・診断
    2)
    正常妊娠の外来管理
    3)
    正常分娩第1期ならびに第2期の管理
    4)
    正常頭位分娩における児の娩出前後の管理
    5)
    正常産褥の管理
    6)
    正常新生児の管理
    7)
    腹式帝王切開の経験
    8)
    流早産の管理
    9)
    産科出血に対する応急処置法
    10)
    産科を受診した腹痛、腰痛を呈する患者、急性腹症の患者の管理
  2. 脳・脊髄の解剖・生理の理解ができる。
    1)
    婦人科良性腫瘍の診断ならびに治療計画立案
    2)
    婦人科良性腫瘍の手術への第2助手として参加
    3)
    婦人科性器感染症の検査・診断・治療計画の立案
    4)
    婦人科悪性腫瘍の早期診断法の理解(見学)
    5)
    婦人科悪性腫瘍の手術への参加の経験
    6)
    婦人科悪性腫瘍の集学的治療の理解(見学)
    7)
    婦人科を受診した腹痛、腰痛を呈する患者、急性腹症の患者の管理
    8)
    不妊症・内分泌疾患患者の外来における検査と治療計画の立案
産婦人科研修における注意点等
  1. 患者に対する優しさ・思いやりを常に忘れないこと。患者説明には十分時間をかけ、優しく行うこと。一人で独善的説明や医療行為は行わないこと。(協調性必要)
  2. 診療に関する医師としての責任と自覚を持って。
  3. 自由時間に関して干渉するものではないが、常に連絡が付くようにしておくこと。 勤務時間は8:15~17:00(原則)1週間の日程も参照のこと。副当直に入ること。
  4. 診療上で指示がうまく伝わっているか確認すること。
  5. 研修医は主治医になれないため出来るだけ入院患者はすべて把握しておくこと。特に産婦人科病棟は入退院が激しいため、入院時診療計画、退院時総括等は迅速に正確に行うこと。
  6. 点滴確保も積極的に行うこと。化学療法レジメを理解し、患者確認と投与量には十分注意を払うこと。
  7. 健診センター(子宮癌検査)業務も行うこと。
  8. 常に自ら積極的に勉強する態度を忘れないように心掛けること。産婦人科研修では、限られた時間を有効に活用して欲しい。
  9. カルテ記載は重要であり、病名処方処置を含めすべて記載すること。
  10. 手術患者の麻酔申し込み・ケミカル・術前指示・皮内反応など積極的に行い、術前カンファレンスで十分患者把握を行っておくこと。 自己血採血も積極的に行っているので理解しておくこと。
  11. 手術の前には必ず手術書を読んでおくこと。術後に手術記録(英文)作成すること。
  12. 産婦人科診察は特に注意が必要で、内診時必ず患者の確認すること(癌検診と妊婦検診を間違えないように)。
  13. 分娩時急変(出血などの疾患について)での取り扱いについて
    1)
    よく勉強しておくこと。必ず他医師の応援を頼むこと。
    2)
    緊急帝王切開時のマニュアルも理解しておくこと。
  14. 原則バイト禁止。
  15. 食事、体力には十分留意すること。
  16. 以上すべて指導医のチェックのもと行われことを理解しておくこと。
臨床研修評価
研修責任者 産婦人科
専任指導医 産婦人科
評価方法 以下の4段階で評価する。
1.不可  2.可  3.良  4.優

A.産科関係:経験すべき診察・検査・手技・治療法・医療記録

  1. 全身の観察ができ、記載できる。
  2. 腹部の診察ができ、記載できる。
  3. 骨盤内診察ができ、記載できる。
  4. 泌尿生殖器の診察ができ、記載できる。
  5. 一般尿検査が理解できる。
  6. 血算白血球分画が理解できる。
  7. 血液型判定交叉適合試験が理解できる。
  8. 血液化学検査理解できる。
  9. 細菌学的検査薬剤感受性が試験理解できる。
  10. 超音波検査で骨盤内臓器を抽出し理解できる。
  11. 単純X線検査が理解できる。
  12. 注射法を実施できる。
  13. 採血法が実施できる。
  14. 導尿法が実施できる。
  15. 療養指導ができる。
  16. 薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療ができる。
  17. 診療記録をPOSに従って記載し管理できる。
  18. 診断書、死亡診断書、その他の証明書を作成し、管理できる。
  19. 紹介状と紹介状への返信を作成でき、それを管理できる。

B.婦人科関係:経験すべき診察・検査・手技・治療法・医療記録

  1. 全身の観察ができ、記載できる。
  2. 腹部の診察ができ、記載できる。
  3. 骨盤内診察ができ、記載できる。
  4. 泌尿生殖器の診察ができ、記載できる。
  5. 精神面の診察ができ、記載できる。
  6. 一般尿検査が理解できる。
  7. 血算白血球分画が理解できる。
  8. 血液型判定交叉適合試験が理解できる。
  9. 血液化学検査理解できる。
  10. 細菌学的検査薬剤感受性が試験理解できる。
  11. 超音波検査で骨盤内臓器を抽出し理解できる。
  12. 単純X線検査が理解できる。
  13. 動脈血ガス分析が理解できる。
  14. 血液免疫血清学的検査が理解できる。
  15. 心電図(負荷心電図)が理解できる。
  16. 肺機能検査が理解できる。
  17. 細胞診病理組織検査が理解できる。
  18. CT検査MRI検査で骨盤内臓器を指摘できる。
  19. 内視鏡検査が理解できる。
  20. 採血法が実施できる。
  21. 穿刺法が実施できる。
  22. 療養指導ができる。
  23. 薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療ができる。
  24. 診療記録をPOSに従って記載し管理できる。
  25. 診断書、死亡診断書、その他の証明書を作成し、管理できる。
  26. 紹介状と紹介状への返信を作成でき、それを管理できる。
  27. CPCレポートを作成し、症例呈示できる。

サイトマップ

ページ上部へ