医師臨床研修

救急部

研修プログラム

【研修期間】
必修科目として3ヶ月、自由選択科目として1~11ヶ月
【研修場所】
救急外来,集中治療室,緊急検査室,手術室,救急医療現場
目標
一般目標
  1. 短期ローテーション
    2ヶ月以内の短期ローテーションでは、指導医または主治医が行う診療を見学し、下記の項目について救急医療の基礎知識を学習する。
    1)
    救急医療に従事する医師としての基本的事項
    (接遇,コミュニケーション,医療安全,院内感染防止等に関する基本的事項)
    2)
    救急医療システム(メディカルコントロール,ドクターカー,救急ヘリ搬送)
    3)
    救急蘇生法(ガイドライン2000に基づくACLS)
    4)
    外傷初期診療(JATEC に基づく外傷初期診療)
    5)
    救急患者の病態評価と診断
    6)
    救急医療に必要な検査法
    7)
    救急医療に必要な基本的手技
    8)
    ICUでの重症患者管理
    9)
    講習会,研修会等への参加
  2. 長期研修
    研修期間3ヶ月以上の長期研修では、指導医または主治医による指導のもとで、短期ローテーションの研修内容を、自分が主体となって、あるいは助手として実際に行い、救急医療の基礎知識と技術を学習する。
行動目標とその評価
研修責任者 救急部
専任指導医 救急部
評価方法 以下の4段階で評価する。
1.不可  2.可  3.良  4.優
(評価レベルについて)

4:指導医のもと、自分が主体となって経験し、基礎知識や技術を学習した

3:指導医のもと,自分が介助者として経験し、基礎知識や技術を学習した

2:見学者として経験し、基礎知識を学習した

1:経験しなかった、または、経験内容に拘わらず理解不十分であった

A.救急医療に従事する医師としての基本的事項

  1. 救急患者に対する接遇
  2. 職場でのコミュニケーション、チーム医療
  3. 医療安全に関する基本的事項
  4. 院内感染防止対策(特にスタンダードプリコーション)

B.救急医療システム

  1. 消防からの診療要請対応(ホットライン)
  2. 救急隊員に対する指示,指導方法
  3. ドクターカー出動
  4. 救急ヘリ搬送
  5. 救急医療情報システムの操作

C.救急蘇生法

  1. モデルやシミュレーターを用いたACLSの実践
  2. 実際の臨床例における ACLS の実践

D.外傷初期診療

  1. ATECに基づく外傷所期診療の実践

E.救急患者の病態評価と診断

  1. 意識障害
  2. 急性呼吸不全
  3. ショック
  4. 不整脈
  5. 胸背部痛
  6. 急性腹症
  7. 代謝障害
  8. 急性腎不全
  9. 急性肝不全
  10. 急性中毒
  11. 熱傷

F.救急医療に必要な検査法

  1. 動脈血ガス分析
  2. 血糖測定
  3. 検血
  4. 生化学検査
  5. 血液型判定
  6. 心電図検査
  7. 画像診断
    イ)X線検査
    ロ)心臓超音波検査
    ハ)胸腹部超音波検査
    ニ)頭部CT
    ホ)胸腹部CT
  8. 細菌検査

G.救急医療に必要な基本的手技

  1. 用手気道確保
  2. バック・マスクによる人工呼吸
  3. エアウェイを用いた気道確保
  4. 緊急気管挿管
  5. 心臓マッサージ
  6. カウンターショック
  7. 緊急静脈路確保(末梢静脈)
  8. 中心静脈確路保
  9. スワンガンツ・カテーテル挿入
  10. 胃管挿入
  11. 胃洗浄
  12. 導尿・バルーンカテーテル留置
  13. 頚椎保護
  14. 創縫合
  15. 応急副子固定
  16. 胸腔ドレナージ
  17. 動脈ライン挿入

H.ICUでの重症患者管理

  1. 気道管理(挿管チューブの管理,痰の吸引,肺理学療法等)
  2. 酸素療法と動脈血ガス分析の評価
  3. 人工呼吸
  4. ショックの治療
  5. 血行動態モニタリング
  6. 循環作動薬の使用
  7. 不整脈の管理
  8. 頭蓋内圧亢進症の管理
  9. 輸液栄養管理
  10. 血液製剤の適正使用
  11. 酸塩基平衡異常の管理
  12. 体液電解質異常の管理
  13. 体温コントロール/li>
  14. 血液凝固異常(DIC)の管理
  15. 感染症のコントロール
  16. 緊急血液浄化法
  17. 補助循環管理(IABP,PCPS 等)
  18. 外傷・手術後の創処置
  19. 病歴の聴取
  20. カルテの記載
  21. 死亡診断書・死体検案書の書き方

I.講習会・研修会への参加

評価方法:  1.参加しなかった   2. 参加した

  1. ACLS講習会への参加
    (     年   月   日  場所:                )
  2. JATEC講習会への参加
    (     年   月   日  場所:                )
  3. その他の講習会
    講習会名:
    (     年   月   日  場所:                )
    講習会名:
    (     年   月   日  場所:                )
    講習会名:
    (     年   月   日  場所:                )

サイトマップ

ページ上部へ