医師臨床研修

皮膚科

研修プログラム

【研修期間】
自由選択科目として1~11ヶ月
【研修場所】
皮膚科外来、6階西病棟、手術室、急患室
目標
一般目標 病態の正確な把握ができるよう、全身にわたる身体診察を系統的に実施し、記載する。
行動目標

A.経験すべき診察法・検査・手技

  1. 基本的な身体診察法
    皮膚の構造と機能を理解したうえで、発疹学を理解し記載する。
  2. 基本的な臨床検査
    必要な検査を自ら実施し、結果を解釈できる。
    1)
    一般尿検査
    2)
    便検査(潜血)
    3)
    血算・白血球分画
    4)
    血液型判定・交差適合試験
    5)
    心電図
    6)
    動脈血ガス分析
    7)
    血液生化学的検査(血糖、電解質、尿素窒素など)
    8)
    血液免疫血清学的検査(免疫細胞検査、アレルギー検査を含む)
    9)
    細菌学的検査・薬剤感受性検査
    10)
    肺機能検査
    11)
    病理組織検査
    12)
    単純X線検査
    13)
    CT検査
    14)
    MRI検査
    15)
    真菌学的検査
  3. 基本的手技の適応を決定し、実施する。
    1)
    圧迫止血法
    2)
    包帯法
    3)
    注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)
    4)
    ドレーン・チューブ類の管理
    5)
    局所麻酔法
    6)
    創部消毒とガーゼ交換
    7)
    簡単な切開・排膿
    8)
    皮膚縫合法
    9)
    軽度の外傷・熱傷の処置
    10)
    外用療法(外用剤、創傷被覆材を含む)
    11)
    光線療法(PUVA療法、レーザー治療を含む)
    12)
    冷凍療法
  4. 基本的治療法の適応を決定し、適切に実施する。
    1)
    療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄、環境整備を含む)ができる。
    2)
    薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド、解熱剤を含む)ができる。
    3)
    輸液ができる。
  5. 医療記録
    チーム医療や法規との関連で重要な医療記録を適切に作成し、管理する。
    1)
    診療録(退院時サマリーを含む)をPOS(Problem Oriented System)に従って記載し管理できる。
    2)
    処方録、指示箋を作成し、管理できる。
    3)
    診断書、その他の証明書を作成し、管理できる。
    4)
    紹介状と、紹介状への返信を作成でき、それを管理できる。

B.経験すべき症状・病態・疾患

  1. 頻度の高い症状
    1)
    全身倦怠感
    2)
    浮腫
    3)
    リンパ節腫脹
    4)
    発疹
    5)
    発熱
    6)
    咳・痰
    7)
    嘔気・嘔吐
  2. 緊急を要する症状・病態
    1)
    急性感染症
    2)
    外傷
    3)
    熱傷
  3. 経験が求められる疾患・病態
    1)
    湿疹・皮膚炎群(接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎)
    2)
    蕁麻疹
    3)
    薬疹
    4)
    皮膚感染症
    5)
    ウイルス感染症
    6)
    細菌感染症(ブドウ球菌、MRSAなど)
    7)
    真菌感染症(糸状菌症、カンジダ症)
    8)
    熱傷
臨床研修評価
研修責任者 皮膚科
専任指導医 皮膚科
評価方法 以下の4段階で評価する。
1.不可  2.可  3.良  4.優

A.基本的な身体診察法

  1. 全身の身体診察を実施し、記載できる。
  2. 皮膚の構造と機能を理解したうえで、発疹学を理解し記載できる。

B.基本的な臨床検査

  1. 一般的な臨床検査を実施し、結果を解釈できる。
  2. 真菌学的検査を実施し、結果を解釈できる。

C.基本的手技

  1. 圧迫止血法を実施できる。
  2. 包帯法を実施できる。
  3. 注射法を実施できる。 
  4. ドレーン・チューブ類の管理ができる。
  5. 創部消毒とガーゼ交換ができる。
  6. 軽度の外傷・熱傷の処置ができる。
  7. 外用療法を実施できる。
  8. 冷凍療法を実施できる。

D.基本的治療法

  1. 療養指導ができる。
  2. 投与した薬物の作用、副作用、相互作用を理解できる。

E.医療記録

  1. 診療録を記載し、管理できる。
  2. 処方録、指示箋を作成し、管理できる。
  3. 診断書、その他の証明書を作成し、管理できる。
  4. 紹介状と、紹介状への返信を作成でき、それを管理できる。

サイトマップ

ページ上部へ