予防医療部

予防医療モデル事業

人間ドックや会社の健診などで、 「食事を気をつけてください」
「体重を落としてください」 「コレステロールが高いです」などと言われても・・・

  • 頭では分かっているがなかなか実行できない
  • 具体的にどうしていいか分からない
  • 自分なりに気をつけているつもりなのに改善しない

という方、お気軽にご相談ください。
食生活に関するいろいろな疑問や不安などを管理栄養士がアドバイスさせていただきます。

食事診断

内容 食習慣の聞きとりにより、あなたの平均的な食事の栄養計算を行います。
より詳しく実際にとられている食事の栄養計算をご希望の方には、
食事記録をしていただき栄養計算をします。
その結果をもとにして、改善ポイントなどを丁寧に分かりやすくアドバイスします。
料金 1回 / 1,365円
日時 月曜日から金曜日(祝日を除く) 13:30 ~ 16:30(時間外可)
相談時間 1回 / 30分から1時間程度
備考 要予約

1日の摂取エネルギー量

こちらでは、あなたの1日の摂取エネルギー量の目安を知るための計算式と、
テイクアウト食品のナトリウム・塩分にも気を配るためのチェックシートを提供しています。
エネルギー表示は気にしてもそれだけではいけません。
下の表示を使って上手にチェックしましょう。

1日の摂取エネルギー量の目安は?

まずは1日の摂取エネルギー量を計算してみましょう。
計算式は次のようになります。

摂取エネルギー量計算式

1 あなたの身長を入力して下さい cm
2
3 あなたの標準体重は kg
1日の摂取エネルギー量の目安は kcal

※エネルギー算出法は、目安です。
年齢や性別、活動度によって摂取エネルギー量は異なります。

栄養成分表示から塩分を計算してみましょう

テイクアウトの食品は塩分が高めの傾向があります。高血圧や塩分の取りすぎが気になる方は、エネルギー表示のチェックだけでなく、ナトリウム(Na)表示にも注目するようにしましょう!

1 ナトリウムの表記数値  mg
2
3 塩分量は gです。

※1食分だけではなく、一日の総摂取量を意識しましょう!
※1日の塩分摂取量は男性は8g未満、女性は7g未満を目標にしましょう。