病院紹介

臨床指標

平成28年度 労働者健康安全機構 中国労災病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 397 146 177 293 430 555 1,446 2,181 1,944 434

平成28年度に当院で退院されたDPC対象患者さんを年齢階級別に集計しました。当院では70歳代の患者さんが最も多く、全体の約27%を占めており、平均退院年齢は約66歳です。(90歳以上は1つの階級として設定しています)

(用語説明)

DPCとは・・・・・
「Diagnosis Procedure Combination」の略で診断群分類を意味します。
DPC/PDPSとは・・
診断群分類に基づいた1日当たりの包括支払い方式を意味します。医療資源を最も投入した傷病名と、診療行為(手術、処置他)などにより入院費用を決定する計算方法です。
ICD-10とは・・・
WHO(世界保健機関)が定めた疾病や死因の統計等に関する分類の略称です。この国際疾病分類(ICD: International Classification of Disease)は1989年に第10回の修正が承認され、1993年から使用されています。

診断群分類別患者数等 (診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

呼吸器科 診療科コード:050

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 56 3.54 3.68 1.79 71.77
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 31 17.29 19.92 9.68 75.39
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 16.50 14.83 46.67 75.57
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 21 11.48 13.60 4.76 83.43
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 20 18.30 12.35 0.00 72.35

呼吸器科では肺の悪性腫瘍に対する化学療法目的の入院が多く、次に多い症例は肺炎です。誤嚥性肺炎も増加してきており、誤嚥を起こさないようにする対策が重要です。

消化器内科 診療科コード:500

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 9.54 11.06 8.33 78.74
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 47 11.98 11.74 4.26 75.15
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 42 10.36 9.02 2.38 74.24
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 19.54 21.25 34.29 80.11
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 9.56 10.93 6.25 67.91

消化器内科に多い症例は閉塞性黄疸で、原因は胆管結石や胆管炎です。当院では緊急で胆管ドレナージや十二指腸乳頭の拡張や切開による治療を行っています。次に多い症例は肝臓の悪性腫瘍でラジオ波による焼灼療法や動注療法等を行っています。胃の早期悪性腫瘍に対しては粘膜剥離術(ESD)を目的として入院します。

代謝内分泌科 診療科コード:690

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 50 14.74 14.61 0.00 61.12
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 13.46
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 11.48
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21.25
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14.91

代謝内分泌科では、糖尿病のうち約95%の割合を占める2型糖尿病(原因が過食・運動不足・ストレスなど)の治療目的・教育入院が最も多い症例です。また、当院で入院される1型糖尿病患者さんの平均年齢は約60歳となっています。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

循環器科 診療科コード:070

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 174 3.14 3.06 1.15 70.84
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 20.86 17.95 13.13 82.72
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 6.95 4.71 0.00 72.03
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 28 19.36 16.39 0.00 64.18
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 25 23.92 19.86 12.00 81.64

循環器科で最も多い症例は、狭心症に対する冠動脈造影を目的とした検査入院です。次に多い症例は心不全で、高齢者の方に多い傾向があります。3番目に多い症例は心臓の狭くなっている血管を拡げる治療の入院です。

神経内科 診療科コード:280

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 56 20.13 20.18 48.21 74.14
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 50 16.26 16.54 20.00 71.32
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 11.92 7.12 15.38 75.46
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 12 7.92 6.38 0.00 77.17
010060x2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 3、4又は5 10 23.90 21.92 60.00 83.40

神経内科では、脳梗塞の患者さんが多く入院しており、副傷病名(肺炎など)の有無で平均在院日数や平均年齢に違いが出る傾向があります。次に多い症例はてんかんの患者さんで平均年齢は約75歳です。

小児科 診療科コード:100

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 55 4.96 6.02 0.00 0.96
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 5.52 5.79 0.00 4.15
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 4.84 6.42 0.00 2.54
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 26 2.58 3.95 0.00 2.27
030270xxxxxxxx 上気道炎 22 4.23 4.83 4.55 0.50

小児科で多い症例は、肺炎や喘息などの呼吸器疾患の患者さんで、次に多い症例は熱性けいれんによる入院です。

外科 診療科コード:110

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 51 4.14 4.64 0.00 65.06
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 12.18 7.61 2.63 63.97
060335xx0210xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 31 25.42 22.09 12.90 69.35
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 24 11.08 9.91 0.00 54.13
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 8.09 5.60 0.00 34.00

外科で最も多い症例は乳房の悪性腫瘍に対する化学療法目的の入院です。次に多い症例は胆嚢炎で、治療は開腹手術より侵襲性が低い腹腔鏡下で胆嚢切除を行います。その他多い症例は虫垂炎に対する手術目的の入院です。

整形外科 診療科コード:120

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 241 26.97 27.63 72.61 83.88
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 91 26.88 26.26 7.69 76.11
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 69 13.90 11.91 0.00 38.74
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 66 20.53 17.99 13.64 74.76
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 54 20.89 20.57 40.74 78.46

整形外科で最も多い症例は大腿骨骨折です。約73%の患者さんが手術を行った後に転院してリハビリテーションや継続治療を行います。次に多い症例は、膝関節症や股関節症の症例で、関節を人工のものに置き換える手術(人工関節置換術)を行います。また、脊柱に関する手術目的の入院も多く、平均入院年齢は約75歳です。

脳神経外科 診療科コード:150

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 10.05 9.87 5.26 73.79
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 25.11 19.35 54.29 69.77
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 9.54 7.52 17.86 62.89
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 29.88 22.05 62.50 79.00
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 13.36 11.83 21.43 81.64

脳神経外科で多い症例は、救急疾患に対する頻度が高く、手術が不要な脳内出血による入院です。次に頭部損傷(頭蓋骨骨折、外傷性頭蓋内出血、脳挫傷など)による入院が多くなっています。

心臓血管外科 診療科コード:170

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 9.23 11.38 0.00 81.86
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 27.92
050180xx99xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術なし 14.44
050170xx99100x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 3.59
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 3.34

心臓血管外科で多い症例は、房室ブロックなどの徐脈性不整脈です。徐脈性不整脈に対して、ペースメーカーの移植又は交換の治療を行っており、平均年齢は約82歳と高めの傾向にあります。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

皮膚科 診療科コード:300

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 29 12.83 11.97 3.45 68.21
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 12.23 8.96 0.00 73.77
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 8.78
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 4.28
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 18.22

皮膚科では、急性膿皮症や帯状疱疹といった皮膚の感染症による入院が多くみられます。皮膚の腫瘍切除術を目的とした症例の入院も多くみられます。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

泌尿器科 診療科コード:310

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 93 7.76 7.44 0.00 76.37
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 50 12.24 15.07 0.00 71.38
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 45 5.89 5.83 2.22 66.04
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 10.32 12.43 0.00 71.84
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 18 18.61 11.72 0.00 67.50

泌尿器科で最も多い症例は、膀胱癌や前立腺癌といった悪性腫瘍に対する治療です。次に多い症例は尿路結石の除去を目的とした入院です。

産婦人科 診療科コード:220

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 52 7.56 5.12 0.00 63.12
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 50 9.92 9.88 0.00 32.00
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 45 10.87 10.05 0.00 45.31
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 39 4.23 4.92 0.00 68.46
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 34 10.56 10.36 0.00 49.65

産婦人科の入院で最も多い症例は子宮頸・体部の悪性腫瘍に対する化学療法を目的とした入院です。2番目に多い症例は帝王切開術等を行った患者さんで、3番目に多い症例は子宮の腫瘍切除術を目的とした入院です。(自然分娩などに関する入院患者さんについては、DPC対象症例ではないため上記に表しておりません)

耳鼻咽喉科 診療科コード:240

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 30 8.90 7.47 0.00 60.90
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 24 8.92 8.12 0.00 11.67
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 22 7.55 7.75 0.00 56.41
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 19 5.79 5.50 0.00 51.47
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 17 5.65 5.24 0.00 62.24

耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎の症例が最も多くなっています。次に扁桃炎や咽喉頭炎などの炎症性疾患の症例や扁桃摘出・アデノイド切除目的が多い傾向にあります。

放射線科 診療科コード:270

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢
自院 全国
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2なし 57 3.09 20.65 10.53 81.61
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 12.74
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 5.85
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2なし 8.15
060310xx97xx0x 肝膿瘍(細菌性・寄生虫性疾患を含む。) 手術あり 副傷病なし 28.23

放射線科で最も多い症例は、椎体の多部位の骨折に対して経皮的椎体形成術を行う症例で平均在院日数は約3.1日間です。その他、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術や血管拡張術の入院が多い傾向にあります。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 71 18 15 27 4 26 1 7
大腸癌 20 39 24 12 20 41 1 7
乳癌 17 39 12 3 0 55 1 7
肺癌 25 5 10 34 1 61 1 7
肝癌 31 10 8 8 0 125 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

(用語説明)

5大癌とは・・・・・
日本人において特に多いとされる癌のことです。
UICC病期分類とは・・
UICC(国際対がん連合)が定めた癌の進行の度合いを病期(Stage Ⅰ~Ⅳ)に分類したもので、StageⅣが最も進行していることを表わします。

(病期分類基準の説明)

1. UICC病期分類によるもの
2. 癌取扱い規約によるもの
当院ではUICC病期分類に基づく病期分類を行っているので「1」としています。
版数とは「TNM悪性腫瘍の分類 第7版」を使用しているため、「7」としています。

胃癌の患者さんについては、Stage Ⅰの入院症例が多く、再発数も他の癌に比べて少ない傾向です。大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんについては、再発の入院症例が多い傾向にあります。なお、検査結果等が出る前に退院された患者さんなど、診断が付かなかった症例についてはStage分類を不明と表しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 23 6.70 55.39
中等症 113 15.30 80.81
重症 38 18.16 83.92
超重症
不明

成人の市中肺炎患者さんを、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢で表わしたものです。
重症度分類は、A-DROPスコアを用いています。A-DROPスコアとは、年齢、脱水状態、呼吸、見当識障害の有無、血圧の5つの項目から計算した肺炎の重症度を判断するための指標です。重症度分類の各指標が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。
当院では軽症~中等症の患者さんが肺炎で入院された患者さんの約75%を占めます。重症以上の患者さんは約25%を占めており注意が必要です。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

(用語説明)

A-DROPスコアとは ・・・
肺炎の重症度を判定する指標です(5項目の英語の頭文字)
A (Age 年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
D (Dehydration 脱水) BUN 21mg/dL以上または脱水あり
R (Respiration 呼吸) SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
O (Orientation 意識障害) 意識障害あり
P (Pressure 収縮期血圧) 収縮期血圧90 mmHg以下
※5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点

肺炎重症度分類

軽症:0点の場合
中等症:1~2点の場合
重症:3点の場合
超重症:4~5点の場合(ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症)
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合

脳梗塞のICD10別患者数

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 6.67 77.80 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 173 23.03 75.94 34.60
その他 38 20.13 75.63 5.69
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 その他の脳血管疾患 3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

当院では発症日から3日以内の脳梗塞の症例が最も多く、そのうち約40%は転院してリハビリテーションや継続治療を行います。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科 診療科コード:500

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 304 1.08 2.18 0.00 69.26
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 74 1.91 8.95 2.70 74.97
K654 内視鏡的消化管止血術 51 1.06 9.90 11.76 69.04
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 3.29 12.16 15.56 79.84
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 44 1.14 16.82 6.82 76.82

消化器内科では、大腸ポリープに対して行われる内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術を最も多く行っており、平均入院日数は約4.3日です。次に肝臓の悪性腫瘍に対する血管塞栓術の手術を多く行っています。

循環器科 診療科コード:070

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 82 4.40 4.38 0.00 72.57
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 27 0.04 20.44 3.70 67.37
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 15 0.07 16.27 0.00 72.80
K596 体外ペースメーキング術
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)

循環器科では、主に労作性狭心症や不安定狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術を最も多く行っています。
(※「ペースメーカー移植術」は、循環器科に入院中に併せて心臓血管外科で当該手術を施行した症例が数件ありました。なお、年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

外科 診療科コード:110

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K6335 鼠径ヘルニア手術 66 1.20 5.76 1.52 68.77
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 57 3.23 9.11 1.75 64.67
K681 胆嚢外瘻造設術 29 1.69 27.72 13.79 69.31
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 27 4.70 20.81 0.00 69.33
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 22 0.23 9.68 0.00 51.41

外科では、鼠径ヘルニアに対する手術を最も多く行っており、2番目に多い手術は胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。
(※「胆嚢外瘻増設術」は、一連の入院期間の中において、消化器内科で治療実施後に外科入院(転科)した症例です)

整形外科 診療科コード:120

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 201 4.39 22.20 60.70 80.99
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 120 2.08 24.43 8.33 75.38
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 75 5.32 21.55 69.33 83.97
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 74 3.61 17.15 9.46 75.04
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 55 1.22 4.49 1.82 42.53

整形外科では、大腿骨骨折に対する骨折観血的手術を最も多く行っており、平均年齢は約81歳と高齢の傾向があります。次に多く行っている手術は膝関節や股関節に対する人工関節置換術で平均年齢は約75歳です。また、脊柱に関する手術も多く行っており、平均年齢は約75歳です。

脳神経外科 診療科コード:150

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 2.00 13.49 18.92 80.62
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
K145 穿頭脳室ドレナージ術
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K386 気管切開術

脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を最も多く行っており、平均年齢は約81歳です。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

心臓血管外科 診療科コード:170

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 17 1.82 7.71 0.00 79.76
K597-2 ペースメーカー交換術
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
K5551 弁置換術(1弁)
K617-2 大伏在静脈抜去術

心臓血管外科では、徐脈性不整脈の症例に対してペースメーカー移植術または交換術を行っています。次に多い手術は冠動脈、大動脈バイパス移植術です。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

泌尿器科 診療科コード:310

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 94 1.87 5.26 0.00 76.49
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36 1.50 3.33 2.78 66.61
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 1.08 11.00 8.00 74.32
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 2.38 10.19 0.00 72.50
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 16 1.19 3.88 0.00 72.00

泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術を最も多く行っております。尿道から内視鏡を入れて膀胱の腫瘍を切除する手術で、身体にとって負担の少ない手術です。2番目に多い手術は経尿道的尿路結石除去術で、3番目に多い手術は経尿道的尿管ステント留置術です。これは、腫瘍や結石によって狭くなった尿管を広げる手術です。

産婦人科 診療科コード:220

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 56 1.18 8.73 0.00 48.63
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 50 1.26 7.92 0.00 32.04
K877 子宮全摘術 30 1.00 9.80 0.00 46.10
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 26 1.65 8.73 0.00 32.88
K879 子宮悪性腫瘍手術 25 1.20 12.76 0.00 55.88

産婦人科で最も多く行われている手術は子宮附属器腫瘍摘出術で平均年齢は約49歳です。2番目に多く行われている手術は選択帝王切開術で平均年齢は約32歳、3番目は子宮全摘術で、平均年齢は約46歳です。

眼科 診療科コード:230

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 307 0.93 1.03 0.33 76.26
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
K270 虹彩光凝固術

眼科では、白内障に対する眼内レンズ挿入の手術を最も多く行っています。その他には、翼状片手術や眼瞼下垂症手術等も行っています。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

耳鼻咽喉科 診療科コード:240

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 0.96 6.81 0.00 61.04
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 1.00 7.00 0.00 16.15
K370 アデノイド切除術 11 1.00 6.82 0.00 6.36
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの)
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)

耳鼻咽喉科では副鼻腔炎に対して内視鏡下鼻・副鼻腔手術2~4型を行っており、その中でも3型(複数洞手術)を多く行っています。扁桃炎に対する口蓋扁桃手術や、喉頭腫瘍に対する直達鏡下の喉頭腫瘍摘出術も多く行っています。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

放射線科 診療科コード:270

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K142-4 経皮的椎体形成術 58 0.43 1.72 10.34 81.41
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術

放射線科で最も多く行われている手術は椎体の多発骨折に対する経皮的椎体形成術です。2番目に多い手術は腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術です。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群  同一
異なる
180010 敗血症 同一 20 0.25
異なる 13 0.16
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.26
異なる

平成28年度において、播種性血管内凝固症候群(DIC)を入院の契機として入院した症例が4例、入院後に発生した症例が2例ありました。敗血症は入院の契機として入院した症例が20例、入院後に発生した症例が13例ありました。また、その他の真菌感染症は1例、手術・処置等の合併症は入院の契機として入院した症例が21例ありました。これらの症例は、悪性腫瘍や感染症などさまざまな重症の基礎疾患によっておこる病気で、注意が必要です。
(※年間の患者数が10症例未満の場合は、数値を-(ハイフン)で表しています)

更新履歴

2017/9/29:
病院情報を更新しました。
2016/9/28:
病院情報を公表しました。

臨床指標(平成28年度)

総合
 
H28年度
H27年度
1日平均患者数(入院)
340.8人
334.2人
1日平均患者数(外来)
1,043.6人
1,066.9人
1日平均初診患者数
54.5人
51.4人
1日平均新入院患者数
25.6人
25.2人
分娩件数
547件
574件
平均在院日数
15.3日
15.3日
クリニカルパス件数
6,206件
6,268件
クリニカルパス適用率
66.4%
68.1%
地域連携パス件数
328件
303件
外来化学療法件数
1,270件
1,458件
整形外科人工関節置換術件数
209件
213件
ICUにおけるAPACHEⅡscoreと予後
手術 / 非手術
手術 / 非手術
├症例数
198 / 333
182 / 330
├APACHEⅡscore
21.4 / 19.6
22.4 / 18.1
├死亡率
7.9 / 10.8
7.2 / 9.9
└予測死亡率
31.4 / 27.0
32.4 / 28.0
入院患者の入院中肺塞栓症の発生率
0.01%※
0.035%
入院患者のMRSA感染率
0.20%※
0.69%
褥瘡発生率
0.39%※
0.43%
褥瘡有病率
1.93%※
2.04%
術後24時間以内再手術率
0.00%
0.03%
退院後6週間以内の緊急再入院率
0.65%※
0.67%
100床当たりの常勤医師数
25.9人
25.6人
100床あたりの常勤医師数(研修医除く)
22.2人
22.2人
指導医講習会受講済み臨床研修指導医数
50人
47人
初期臨床研修医数
15人
14人
後期臨床研修医数
13人
22人
職員の非喫煙率
94.3%
92.8%

※平成28年度4-12月累計の数値を計上

5年生存率

Ⅰ:外科術後
1)原発性肝細胞癌(平成12年1月~平成28年12月末)
3年
5年
10年
全体(n=184)
85.1%
78.0%
61.2%
Stage Ⅰ(n=56)
91.7%
89.3%
78.7%
Stage Ⅱ(n=100)
83.8%
74.9%
59.7%
Stage Ⅲ(n=20)
94.1%
79.6%
39.8%
Stage ⅣA(n=7)
42.9%
42.9%
-
2)胆道癌・膵癌 (平成14年1月~平成28年12月末)
3年
5年
乳頭部癌(n=17)
78.1%
70.3%
遠位胆管癌(n=28)
49.2%
41.0%
膵癌(n=61)
38.2%
18.3%
3)大腸癌(他病死を除く)(平成14年1月~平成24年12月末)
3年
4年
5年
Stage 0(n=12)
100%
-
100%
Stage Ⅰ(n=59)
100%
-
100%
Stage Ⅱ(n=141)
95.8%
-
86.7%
Stage Ⅲa(n=91)
95.7%
-
69.8%
Stage Ⅲb(n=25)
88.2%
58.8%
-
Stage Ⅳ(n=69)
33.3%
-
19.4%
4)原発性肺癌(平成19年4月~平成25年6月末)
5年
Stage ⅠA(n=72)
82.8%
Stage ⅠB(n=23)
83.0%
Stage ⅡA(n=14)
90.9%
Stage ⅡB(n=23)
83.3%
Stage ⅢA(n=19)
79.5%
Stage ⅢB(n=5)
40.0%

Ⅱ:消化器内科

肝細胞癌に対するラジオ波治療成績
初回治療でラジオ波を選択した79例の累積生存率
(診断日 平成20年1月~平成27年6月末)

1年
96.0%
3年
85.2%
5年
70.6%
地域医療連携
連携登録医数
311人
地域医療支援病院紹介率
73.9%
地域医療支援病院逆紹介率
81.9%
救急
救急患者数
13,586人
├救急車搬送数
3,541人
└救急ヘリ搬送数
31人
検査
上部消化管内視鏡検査
4,925件
下部消化管内視鏡検査
2,390件
心臓カテーテル検査(PCI等含む)
565件
CT検査数
17,525件
└外部からの委託件数
540件
MRI検査数
6,830件
└外部からの委託件数
579件
血管造影検査
321件
├頭部
28件
├腹部・骨盤腔
254件
└四肢
39件
病理組織診断
4,089件
細胞診診断
4,526件
術中迅速病理組織診断
247件
術中迅速細胞診診断
113件
薬剤部
服薬指導件数
32,117件
薬剤管理指導料算定件数
20,668件
リハビリテーション
心大血管リハビリテーション入院患者数
108人
脳血管リハビリテーション入院患者数
437人
運動器リハビリテーション入院患者数
1,189人
呼吸器リハビリテーション入院患者数
287人
栄養管理部
栄養指導件数(個別)
2,361件
栄養指導件数(集団)
93件
手術件数(手術室)
全手術件数
3,797件
├予定手術件数
2,632件
├全身麻酔手術件数
2,298件
├緊急手術件数
1,165件
├内視鏡下手術件数
691件
└外来患者手術件数
456件
主な手術ごとの実施件数
診療科 手術名
件数
手術名
件数
内科 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法
68
   
外科 胃切除・胃全摘手術
23
胆嚢摘出手術
122
結腸切除術
30
膵切除手術
13
直腸切除・切断手術
23
肺悪性腫瘍手術
22
肝切除手術
15
乳腺悪性腫瘍手術
25
整形外科 骨折観血的手術
485
椎弓形成手術
115
人工骨頭挿入手術
85
椎間板摘出手術
46
人工関節置換手術
119
脊椎固定手術
33
脳神経外科 動脈血栓内膜摘出手術
2
水頭症手術
2
頭蓋内血腫除去手術
11
脳動脈瘤頸部クリッピング手術
6
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄手術
50
頭蓋骨形成手術
10
頭蓋内腫瘍摘出手術
4
   
心臓血管外科 冠動脈・大動脈バイパス移植手術
10
ペースメーカー移植手術
26
弁置換手術
5
血管移植術・バイパス移植手術
0
大動脈瘤切除手術
4
下肢静脈瘤手術
0
皮膚科 皮膚悪性腫瘍手術
13
皮弁形成手術
5
植皮手術
13
   
泌尿器科 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)
96
前立腺悪性腫瘍手術
5
経尿道的前立腺手術
6
   
産婦人科 帝王切開術
91
卵巣腫瘍摘出術(含む腹腔鏡)
81
子宮脱手術
18
子宮付属器悪性腫瘍手術
9
子宮悪性腫瘍手術
26
子宮内膜全面掻爬術
7
子宮全摘手術(含む膣式)
52
経頸管的切除術
5
子宮筋腫核出術
11
子宮頸管縫縮術
16
子宮頸部円錐切除術
13
子宮外妊娠手術(含む腹腔鏡)
7
眼科 翼状片手術
6
水晶体再建手術(白内障手術)
328
緑内障手術
4
   
耳鼻咽喉科 口蓋扁桃摘出手術
44
内視鏡下鼻・副鼻腔手術
52
耳下腺腫瘍摘出術
7
   
放射線科 経皮的椎体形成術(骨セメント療法)
93
   
歯科口腔外科 下顎骨折観血的手術
0
顎骨腫瘍摘出手術
9

サイトマップ

ページ上部へ